つみき

不動産会社探しはウェブサイトを駆使しよう

ペットがいる物件の場合

マンション

ペットならではの注意点

マンションを売るとなった時、チェックしておきたいポイントは様々です。特にペットと一緒に暮らしていたマンションを売るという場合、そうでないケースよりも色々と注意したいポイントがあります。マンションを売るとなったら、購入したいと考えている方の内覧を受け入れなければいけません。「知らない人を部屋に入れたくない」と、考える方もいるようですが内覧出来ないマンションは、なかなか売れないようです。ですので、ペットと過ごしているマンションも、売る時はできるだけ内覧を受け入れるようにしましょう。よりマンションが売れるようにするには、掃除・整理整頓は欠かせません。特にペットがいる物件の場合は、掃除だけでなくニオイも取る必要があります。飼っている人には分からなくても、初めてその部屋に訪れた人には独特のペット臭がしてしまうケースが多いのです。もし、部屋のニオイが掃除や換気だけで取れないという場合、カーペットやクロスを張り替えるという必要も出てきます。お金はかかってしまうものの、ニオイを取る事によってより早く、マンションが売れる可能性が出てきます。また、マンションに住みながら購入者を待っているという場合、内覧時にはペットを預けておく工夫も必要です。内覧者の中にはペットが苦手だったり、犬や猫のアレルギーを持つ人がいるかもしれません。ペットを見ただけで購入の候補から外れてしまう恐れがある為、知り合いやペットホテルに預かってもらいましょう。